2013年10月19日

3年ぶりです。

アリスの日記から始まって ちょっとネガティブな時に書いていた日記の最後は母様の手術が決まった日でしたね。

あれから3年ちょっと。
今私の傍にいてくれているのは万次郎とぱぷ子だけ。

最近万次郎の兄ちゃんが亡くなった。
バーニーズでありながら3度の手術を受け2年も頑張り逝った大夢君。

そんな時読んでた本。
母様同じ膵臓ガンで手術をせず2年が経つ人の事・・

母様に手術をしたくないか聞かなかった。
きっと母様に聞いても本当はしたくなくても「する。」と答えていたと思う。
母様に抗がん剤をしたくないか聞かなかった。
きっと母様に聞いても本当はしtらくなくても「する。」と答えたと思う。
いつも自分の事より私の気持ちを優先する母だった。

でも私の為に選んだ手術で内蔵の殆どをなくした母は日常の生活に苦労し
大好きな食事を取ると苦痛で悲しみと悔しさに疲れ果てた
延命治療は望まないのに私のために抗がん剤の副作用に耐えていた。


母の姉も同じ すい臓ガンだったが既に手術のできる状態ではなく
分かってから最後までは短かったが母が味わった消化器が無くなってしまっての
地獄は味わうことなく天に召された。

ガン・・・
手術・抗がん剤が意味あるもの・無意味なもの・・・がある。

ガンの可能性の多いバーニーズ。

もし万次郎が治療が厳しいガンに侵されたらどんなに生きてて欲しくても
私のその気持ちだけで手術・抗がん剤はしないと誓います。

そして母様。綾の為」に望まなかったであろう決断と苦痛を与えてしまって
本当にごめんなさい。
本当にごめんなさい・・・・
本当にごめんなさい・・・。

ニックネーム aya at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする